社会・その他

仮置き場まで浸水 想定外で混乱する災害ごみ問題 (1/2ページ)

 九州の広範囲を襲った豪雨災害の被災地で、浸水被害を受けた家具や家電など「災害廃棄物(災害ごみ)」の処理が課題となっている。熊本県内の各自治体は平成28年の熊本地震の教訓を生かして処理計画を策定していたが、仮置き場予定地が浸水し使用不能となるなど、「想定外」の事態が続発。災害ごみを持ち込もうとする車による渋滞が発生するなど、思わぬ混乱が起きている。(吉沢智美)

 「泥にまみれたごみを選別するのも、車に載せるのも大変だ」。同県人吉市で被災した会社員の男性(26)は、軽トラックに積まれた泥だらけの自転車を見つめ、ため息をついた。

 母親と2人暮らしだった自宅は屋根下まで浸水。現在は親戚の家に身を寄せながら自宅の片づけを進めており、災害ごみの仮置き場となっている同市上漆田町の人吉中核工業用地まで、トラックで往復する日々だ。

 被災した友人宅の手伝いに熊本市から来た自営業の男性(50)も、仮置き場に通う一人だ。「先週は8時間も並んだし、今日も小一時間は並んでる。早く災害ごみを捨てないと復旧が進まないのに」といらだった。

 県によると、28年の熊本地震では仮置き場の設置が遅れたため災害ごみが路上などに置かれたことで、慢性的な渋滞が起きたことなどが問題視された。県はこの教訓を踏まえ、各自治体に災害ごみの処理対応を事前に定める「災害廃棄物処理計画」の策定を要請。昨年5月までに全市町村が計画を策定したという。

 だが、今回の豪雨災害ではごみの受け入れを急ぐあまり、準備が整わない段階で仮置き場を開設するなどした結果、各地で渋滞や混乱が発生。15日時点で県内には20の仮置き場が設けられているが、予定地が浸水被害にあったため、場所を変更した自治体もある。

 芦北町は町内4カ所に災害ごみ仮置き場を予定していたが、豪雨で1カ所は使用不能に。人吉市でも予定地1カ所は近くの河川で氾濫の恐れがあったため、約5ヘクタールの工業用地に急遽変更した。

 一方、迅速な受け入れを目指した新しい試みもある。人吉市は全国で初めて「畳のみ」「家具のみ」といった1品目のみ搬入する人を優先的に受け入れる「ファーストレーン」を導入。搬入時間の短縮が目的で、市は「混載していると荷降ろしに時間がかかり、渋滞につながる。分別して搬入してほしい」と呼びかけている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus