ブランドウォッチング

「無印良品」超大型店は一見の価値あり 簡素にして豊潤 衣食住に拡がるMUJIワールド (1/3ページ)

秋月涼佑
秋月涼佑

 「有明アリーナ」や「有明体操競技場」というオリンピック施設にほど近い東京湾岸最大級を謳うショッピングセンター「有明ガーデン」に、これまた関東最大という「無印良品」大型店「東京有明店」が12月3日オープンしました。

 早速訪れると、平日にも関わらず大変な人出で、駐車場や公共交通機関の状況を見るだけでも、遠方からわざわざ来店している人が多いことが感じられます。また、スーツ姿の何人かで視察する業界関係者らしき人が多いことも目をひきました。売り場では早くも、売り切れ入荷待ちの商品も散見され、人気の根強さを感じます。

 1977年に西友のプライベートブランドから小さくスタートした「無印良品」。こんなビッグブランドに成長する前の良くも悪くもこじんまりとした商売をしていた時代を知るものからすれば、まさにMUJI製品で衣食住すべてが揃い、「くらしの全部」百貨店を超える「百八貨店」と打ち出すのも納得な充実の売り場は驚き以外の何物でもありません。

 なんと、3フロアある真ん中のフロアには平屋一戸建て住宅のモデルルームまであり、他の製品と同様MUJIのプライスカード1615万円(税別)がついていて中を見学できます。

 このお店で、「無印良品」がここまでのブランドに成長していたというのを目の当たりにすると、どれだけ多くの生活者の厚い支持が長年にわたり積み重ねられてきたかということを実感します。

 そういえば自分のことを振り返っても、折々でMUJIの製品に大変お世話になってきました。

「無印良品」が支持される二つの理由

 それにしても世の中に「無印良品」ファンが多いことは肌で感じます。何気ない仕事仲間や、友人との会話。最近では「ムジラー」というMUJIファンを指すネットスラングまであるぐらいですが、ネット上にお勧めの無印商品の紹介記事が多数アップされていて、なるほどこれは買ってみようと思わせてくれます。

 無印ファンが、他多くの製品と別格の共感をもつ部分、つまり「無印良品」ブランドが特にユニークな部分は2つあると思っています。

 一つ目は「禅」の精神にも通じるような崇高なコンセプト。Zen Spiritsがスティーブ・ジョブズ始め多くの著名人に再発見され穏然と世界的ムーブメントになっていることは知られていますが、簡素な中に豊かさを見つける考え方は日本人にとっては非常に身近なものです。「無印良品」の製品も簡素な材料に無駄な装飾を排する流儀がゆえに、リーズナブルな価格を実現し、環境負荷にも意識した製品づくりが真骨頂です。シンプル、合理的だけれどもシャビ-(貧乏くさい)ではない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus