ブランドウォッチング

徳川ゆかりの地、5路線にアクセス 「東京ドーム」が東京の未来になる日 (1/3ページ)

秋月涼佑
秋月涼佑

 三井不動産による株式会社東京ドームに対するTBO発表は水面下ではそれなりの準備もあったに違いありませんが、世間的には驚きをもって受け取られたような気がします。(三井不動産が東京ドームTOB 1千億円超か、友好買収に

 後楽園球場の時代から「巨人、大鵬、玉子焼き」と日本人の大好きなプロ野球読売巨人軍の本拠地であり、筆者のような洋楽ファンにとってはザ・ローリング・ストーンズ、ポール・マッカートニー、デヴィッド・ボウイと大物アーティスト伝説的ライブの会場。なぜか今までもこれからも同じ姿でそこにあるような気がしていました。

 すでに三井不動産社長も会見で表明していますが、国内最大手のデベロッパーの意図としては、東京ドーム建て替えを含む再開発を視野に入れたものとのことです。

東京の中心に5路線接続、4万坪の立地

 あらためて東京ドームの立地を見てみると、山手線エリアのちょうど真ん中“おへそ”のような場所にあることに気が付きます。そんな地理的な理由もあり、JR総武線、都営三田線「水道橋」駅、東京メトロ丸ノ内線、南北線、都営大江戸線「後楽園」駅に囲まれるように鉄道5路線接続しています。

 これだけの路線が交差していればさぞターミナルとして大きな機能を果たしているだろうと思えば、真ん中に東京ドームという巨大構造物があることや、一帯が「都市計画公園」に指定されている関係もあるのでしょう、それぞれの路線の乗り換えは意外と不便で、お世辞にも機能的でなく、逆に言えば、そこが開発余地に違いありません。

 

 約4万坪という広さの中に、東京ドームだけでなく、商業施設ラクーアや東京ドームホテル、数々のレジャー施設や飲食店、ホールで構成される東京ドームシティというかたちで例年ならば3500万人以上の集客があることを考えれば、現時点でもまさに“タウン”を超えた“シティ”と呼ぶに相応しい威容とも言えます。とは言え、実際に訪れると老朽化した施設も混在していてツギハギで増築してきた施設としての一体感のなさや、何より東京ドームという広大な面積を突っ切れない動線の悪さが致命的で、商業施設としてもそのポテンシャルを生かし切れていないように感じます。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus