CAのここだけの話

CAの一日に“密着” フライト経験を重ねても緊張する場面 (1/2ページ)

川原崎沙衣
川原崎沙衣

 SankeiBiz読者のみなさんだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第96回はアジア系航空会社に勤務する川原崎沙衣がお送りいたします。

 皆さま初めまして。今日はCAがどのような働き方をしているのか、お客様の見えないところではいったい何をしているのかお伝えします。 

 仕事の裏側を知っていただき、私たちCAをより身近に感じていただけると嬉しいです! 早速、ある日の一日のスケジュールをご紹介致します♪

CAの一日のスケジュール

 弊社では基本的に「4勤2休(4日間勤務し、2日間休む)」でシフトが組まれています。弊社キャビンクルーのフライトパターンはいくつかあり、主に、「一日に2便(早朝から)」or「一日に1便(午後から)」で乗務しています。今回は一日に2便がある日をご紹介します。

▼起床

▼身支度(メイク・制服着用)

▼出勤

▼ブリーフィング(ミーティング)

一日の流れについて確認するため、クルー間でミーティングを行います。ここでは機材、安全確認、お食事やスペシャルパッセンジャーなどの確認、非常用設備のテストなども行います。

《1便目》

▼空港へ向かい機内準備

▼お客様ご搭乗

ブランケットの配布(現在は停止中)、会員様へのご挨拶、お子様や車いすのお客様への機内設備の説明などを行います。

▼クルーズ(航行)

▼着陸・降機

▼折り返し便の準備

《2便目》

▼お客様ご搭乗

▼クルーズ(航行)

▼着陸・降機

▼デブリーフィング(反省会)

▼帰宅

 このように一日を過ごすのですが、この舞台裏を、いくつかピックアップしてお話しします。

颯爽と歩くCA まったく優雅じゃない!?

 フライト前、自身の乗務する飛行機に向かうためチームで空港内を歩きます。空港ではみんな足早。なんせ1秒でも早く機内に乗り込み準備をしたいから! 機材遅れや天候の影響などによりお客様の搭乗まで15分もない!! なんて日もあります。

 空港を颯爽と歩くCAさんは機内準備の順番を考えながら歩いていたりします。新人は先輩の速さについて行けずに息切れしながら歩くことも(笑)

慌ただしさ全開 お客様を迎える前の機内準備

 機内に入ると各エリアで手分けをして準備を進めます。緊急設備の確認、機内の安全確認、お飲み物・お食事のカウント、トイレ清掃、そして機長・副機長とのブリーフィングで航路や天候、予想されるタービュランス(乱気流)の有無の確認などです。

 全てクリアになれば、ボーディングミュージック(搭乗曲)をオン! いよいよお客様をお迎えします。

 お客様が搭乗されると今までの慌ただしかった機内が一気にゆったりとした空間に変わります。これもCAたちの協力の賜物だと感じています。

ボーディング中も大忙し

 お客様がお見えになるとお席の案内はもちろん、座席の使い方やスペシャルなお客様へのご挨拶、お食事の確認、非常口の説明などをしてパーサ(エリア長)に報告をします。お客様が着席し、安全確認がとれるとドアが閉まります。

 機内安全ビデオが終わる頃には、離陸準備は万端! まもなく離陸です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus