CAのここだけの話

CAの一日に“密着” フライト経験を重ねても緊張する場面 (2/2ページ)

川原崎沙衣
川原崎沙衣

今でも緊張する離着陸

 乗務経験を積んでも一番緊張する時が離着陸というCAも多いようです。私もそのひとりです。

 理由は気流の影響を受けやすいから。機体が十分に上空に達し安定するまでは激しい揺れが起こりやすいのです。もちろんそう頻繁に危険なことは起こりませんが、この時にパニックになるお客様がとても多いことも事実です。

 お子様や初めて飛行機をご利用される方には特にリラックスしていただけるよう、離着陸前に気を配っています。不安なことがある方は事前に遠慮なくクルーにお声がけくださいね。

折り返し便の準備 機内食のヒミツ

 2本目のフライト前は、地上職員が次々と食事や飲み物を機内に積み込んでくれます。CAはこの時にお客様情報を確認をしたり、簡単な食事を摂りながらフライトに備えます。

 お客様の中には機内食を楽しみにされている方も多いと思います。外資系エアラインに勤めていると、「あれ、日本食がある!」と驚かれることがあります。特に日本発の便では、日本で作られた食事が搭載されるので、外国の飛行機でも日本食が召し上がれます。次回、ご利用される際にはぜひチェックしてみてください。

どっと押し寄せる疲れ 帰宅する頃には…

 一日の乗務を終え、飛行機を降りた時にはもう深夜近くになることも。ようやく一安心できますが、波のように押し寄せる疲れがあります。

 空港を歩きながらいかに早く体を休めるか、何を食べようか、明日の乗務にどう備えるか、ここでも考え事をしながら足早に歩きます(笑)

 帰宅し自室に辿り着くと、倒れるようにベッドに入り記憶がないなんてこともあります。

外資系CAとしてのやりがい、充実感

 外資系航空会社のCAとして業務を行う際、やはり楽しいことはお客様との会話です。

 日本人のお客様からすると、外国の飛行機に乗るというだけで雰囲気に緊張されている方も多く、私が日本語でお声かけをすると「日本語も通じるんだね、安心した」と言っていただけることがとても多いです。お客様のお役に立てると嬉しい気持ちでいっぱいになります。

 CAの一日のスケジュール、いかがでしたでしょうか? こんなことをやっていたのかと驚くところもあったかと思います。

 とにかく目まぐるしく過ぎる一日を駆け抜けるCAは体力・気力勝負です。大変だけれど、空が好き! 飛ぶことが好き! 海外が好き! と、それぞれの想いをひとつにして一本のフライトに携わっていることが伝われば嬉しいです♪

アジア系航空会社キャビンクルー、乗務3年目。前職はIT企業にてシステムメンテナンスを担当。社会人経験を活かしつつ多言語を駆使して海外で働いてみたいとエアラインに転職。フライト先では、趣味である美容・コスメの情報を収集したり、現地の食を楽しむ日々。

【CAのここだけの話】はAirSol(エアソル)に登録している外資系客室乗務員(CA)が持ち回りで担当します。現役CAだからこそ知る、本当は教えたくない「ここだけ」の話を毎回お届けしますので、お楽しみに。隔週月曜日掲載。アーカイブはこちら


AirSolはPR、商品開発、通訳、現地リサーチ、ライター業務等、現役CAの特性を活かせるお仕事を副業としてご紹介しています。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus