フリーランスの進路相談室

できないことは捨ててよし! 会社が苦手な人へおくる「フリーランスの生存戦略」 (2/4ページ)

Workship MAGAZINE
Workship MAGAZINE

中西:「アジール」というと、聖域や自由領域、避難所みたいな意味をもつ言葉ですよね。私は生まれたのが1991年なので、その当時の気風というのはすごく興味深いし、少し憧れます。

竹熊:あぁ、いまとは全然違うと思いますよ。たとえば「フリーター」って言葉も、「会社に縛られない自由な生き方をする人」という肯定的な意味で世間に広まっていたしねぇ。

中西:いまでいうフリーランスだ!

「フリーランス40歳の壁」とは

中西:竹熊さんの著書の『フリーランス、40歳の壁』は、そういう私が知らない時代のフリーランスの話もあってすごく面白かったです。

竹熊:時代が違うからねぇ。いまの人は知らないことも多いでしょう。

中西:竹熊さんは、著書のなかで「フリーランスは憧れてなるものではなく、なるべくしてなってしまうもの」とおっしゃっていますね。

竹熊:そうですね。実はあの本、本当は『ダメ人間のためのフリーランス入門』というタイトルにしたかったんですよ。出版社に「さすがにダメだ」って言われたんで、いまのタイトルになりましたけど。

中西:ダメ人間って表現、好きですけどね(笑)。著書の中にある「自由業にならざるを得ない人」という言葉と同じ意味合いですか

竹熊:そうそう。フリーランスには、もちろん実績を積んで計画的になる方もいるんだけど、否応なくならざるを得なかった方も一定数いるんじゃないかな。大学に行かず、就職もせず、20代でフリーになった僕みたいに。

中西:私もそうです。新卒で入った組織に馴染めず、3ヶ月で退職して、フリーランスになりました。

竹熊:ほぉ、そうなんですか。

中西:ルーティンになっていく生活だったり、膨大なマルチタスク、「暗黙の了解」みたいな曖昧なものに対して順応できなくて。頭の中がずっと焦燥感に満たされていて、上司からの指示の意味がよく理解できないような状態でした。

竹熊:うんうん。

中西:だから在職していた間、私のデスクはミスをしないように貼った付箋のメモでびっしりと覆われていて。どうしてこんなにも仕事ができないのかわからずに、毎日トイレに隠れて泣くような日々だったんですよね。

竹熊:わかります。僕も、ふたつの重要な仕事が重なると、どちらかの仕事が遅滞するか、最悪どちらも遅滞してできなくなるんだよね。あとは、40年近くフリーランスをやってきましたけど、いまだに確定申告は白色。領収書を整理できないんです。

中西:確定申告、大変ですよね……。

竹熊:こういう特性があって、否応なくフリーランスにならざるを得なかった方って、年と共に「壁」にぶつかる確率が高いんです。

中西:著書には40歳の壁として「過去に評価を受けた仕事と似たような仕事ばかり依頼がくる(ことに嫌気が差す)」「依頼元が年下になっていく(ことで仕事が振られづらくなる)」ということがありましたが、これもなるほどなぁと思いました。

竹熊:まぁ、前者に関してはそこで断っちゃうからダメなんだけどね。後者に関しては、40歳くらいになった多くのフリーランスが直面する問題なんじゃないかと思います。

「フリーランスにならざるを得ない人」であることに気づいたきっかけ

竹熊:それに、否応なくフリーランスにならざるを得ない方には、発達障害(※)の特性を持つ方も多いですね。

※生まれつき脳の発達に障がいがあることで対人関係に問題を抱えたり、仕事や家事をうまくこなせなかったりといった障がいがあることの総称。たとえば、不注意・多動性・衝動性の特徴が現れる「注意欠如・多動性障害(ADHD)」や、対人関係が苦手・強いこだわりといった特徴をもつ「自閉症スペクトラム障害(ASD)」などがある。

中西:竹熊さんご自身も、著書でADHDであるということを書かれていますよね。実はわたしもADHDとASDの診断が出ているので、この本はすごく共感できたし、そんな特性を持つフリーランスが「壁」を乗り越えるためのサバイバル術を本気で聞きたいと思って、いまここにいます(笑)。

竹熊:あれ、そうなの? ADHDとASD両方?

中西:はい。わたしもつい最近までわかっていなくて、だけど仕事や生活に支障が出ていたこともあり、病院に行って診断を受けました。

竹熊:へぇ、そうなんですか。まぁこうした特性ってグラデーションで、人によって色々ですからね。僕は大学教授をしていた時に、大量の事務仕事が全然できなくて。まわりに迷惑をかけてしまうし、だんだん心の状態も悪くなっていってしまったんです。どうにかしないと、と思って色々と調べるうちに、ADHDなんじゃないかという疑惑をもって病院に行ったんだよ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus