「ビジネス視点」で読み解く農業

農業振興の最前線 (2) 自治体、JA、生産者、関連産業、県民が一体に 宮崎県にみる農業活性の在り方 (1/2ページ)

池本博則
池本博則

■宮崎式就農支援力その体制

 宮崎県の新規就農者数は2013年の290人から2018年には402人と右肩上がりに増加。農業法人に就職する法人就農者は、2013年の117人から2018年には238人とこちらも大幅に増えています(宮崎県農政水産部 統計でみる宮崎県の農業2018(平成31年3月作成))。

 その背景には新規就農者を確保するために県外の農業に興味関心を持った層に対して、イベントや相談会を開催し、相談を受ける機会を作り、まずは知ってもらおうという努力があります。そして農業に興味を持った方に、宮崎に来て「お試し就農」をしてもらうための機会を準備しています

 また、県内においてもJA中央会やJA経済連、農業振興公社などと連携を図るほか、繁忙期には他産業と連携するなどして、農業労働力の確保に努めています。

 優れた取り組みを実施するだけでなく、適切なKPIを設定し、地域全体で取り組む。それが素晴らしい成果として表れている状況です。

■人材確保だけではない-定着・育成を担う充実した体制を地域ぐるみで取り組む

 農業の場合は人材を確保するだけではなく、その先の「定着」が重要なポイントです。その点においても宮崎にはさまざまな取り組みが用意されています。

 宮崎で就農を考える人には、まずは農作業体験や農家見学などを行う「体験講座」(数日間)が用意されており、まずは農業や宮崎の魅力に触れる研修が用意されています。そこからいざ、宮崎で農業しよう!と決意してくれた人には様々な選択肢が用意されています。

■未経験から実践的農業が学べる「みやざき農業実践塾」

 これから宮崎で農業を始めたいという人におすすめなのが、宮崎県高鍋町にある「みやざき農業実践塾」。宮崎県内で新規就農を目指す人のための研修施設です。

 1年間または半年の「経営実践コース」では、農業の基礎知識から野菜栽培に関する実践的な技術までを学ぶことができます。

 実習ではミニトマトやきゅうり、イチゴ、ピーマンなど、施設栽培を中心に研修品目を選択。塾生それぞれに約4a(400平方メートル)のハウスやほ場が割り当てられ、土づくりから種まき、定植、収穫、販売まで、1年を通じた栽培技術を習得できます。また、農薬の使用方法や農業機械の使い方など初心者でも一から学べることはもちろん、農業用機械免許(大型・けん引)の研修・試験も可能となっています。研修中からハウスなどの就農地を探すサポートも実施されており、スムーズな就農準備が可能となっています。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus