F1の人気は本当に下がったのか? ネット社会での情報選択の難しさ (1/3ページ)

F1ミラン・フェスティバル(C)KenAnzai
F1ミラン・フェスティバル(C)KenAnzai【拡大】

【安西洋之のローカリゼーションマップ】

 9月2日のF1イタリアGPを前に、8月29日からミラノ市内で「F1ミラン・フェスティバル」が開催されている。GPにあわせ、個々のチームが市内で何らかのイベントを実施することはあったが、過去、F1全般のプロモーションをミラノで開催したことはなさそうだ。

 「F1はつまらなくなった」という声をよく聞く。が、実際、F1は世界で今も関心の的なのか?と思い、ネットで少々調べてみたが、結局、よく分からなかった。もっと時間をかければ分かるのかもしれないが、短時間では無理である。

 グーグルトレンドでおよそ15年近い動向を見ると、検索結果数は下降気味である。しかしながら各国の動向をチェックすると、トレンドが全体と必ずしも一致しない。

 要因としては、強いチームやドライバーの国籍によって毎年、国ごとに人気が激しく揺れる。かつては英国・イタリア・ブラジルあたりを見ていれば、「こんなものだろう」と思えた。今は中東やアジアの開催国での人気推移もチェックしないといけない。

 サーキットの観客席はおよそ満席になるから、増減の材料にならない。各国のTV視聴者数をみても、有料TVでの放映が増えたためか、長期的な比較がしづらい。放映権の料金の高さがダイレクトに人気を示唆、とするのも無理がある。

 またTVの視聴率だけでは動向に偏りが出る。ネット配信もカウントする必要があるし、それも違法配信も含めないと事情を掴んだことにならない。

中途半端な情報がネット上に散乱