「4K」業務用カメラから普及 ソニーとキヤノン、相次ぎ投入 (1/2ページ)

2012.11.15 08:00

14日開幕した国際放送機器展で4Kカメラを出品したソニーのブース=千葉市美浜区の幕張メッセ

14日開幕した国際放送機器展で4Kカメラを出品したソニーのブース=千葉市美浜区の幕張メッセ【拡大】

 ソニーとキヤノンが、ハイビジョン映像の約4倍の解像度を持つ「4K」と呼ばれる次世代動画映像に対応した業務用カメラを相次ぎ投入している。

 映画の撮影に使われるケースが増えていることに対応、カメラやレンズに加えモニターなど周辺機材の品ぞろえ拡充を急ぎ、新市場の需要取り込みを加速する考え。4K映像対応の映画館も増えており、4K映像はまず業務用から普及していきそうだ。

 ソニーは14日、4K対応カメラ「PMW-F55」と「同F5」2機種を来年2月に発売すると発表した。「電子の目」と呼ばれるCMOSセンサーの高度化により、光が十分でない場所でも、明るい場所と同等の鮮明な映像を映せるのが特徴。総画素数は約1160万。価格は288万7500円と173万2500円。

 ソニーは4K対応カメラの発売と合わせて、レンズやレコーダー、モニター、メモリーカードなど周辺機材も拡充。撮影から編集、試聴までの製品ラインアップ強化で「映画制作のほか、ライブやドキュメンタリーなど幅広い分野で4Kの流れを加速する」(根本章二執行役)方針。まず業務用で4Kの浸透を狙い、家庭用の4Kテレビ普及に道筋を開きたい考えだ。

4K動画記録に対応する「EOS C500」

  • カメレオン経営で生き残るブラザー工業 「選択と集中」真逆の発想

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!