富士重、走り追求したPHV開発へ トヨタ技術供与、5年内販売目指す (1/3ページ)

2013.12.13 06:03

 富士重工業の吉永泰之社長は12日までに、フジサンケイビジネスアイの取材に応じ、プラグインハイブリッド(PHV)の開発に取り組む意向を示した。

 資本提携先のトヨタ自動車から技術供与を受ける形で、5年以内の発売を目指す。販売の主力拠点の一つ、米カリフォルニア州が2018年から環境対応車の販売を米フォード・モーターやトヨタなどの大手以外にも義務づけることに対応する。吉永社長は「PHVを出せるように準備をしておきたい」と話した。

 富士重は今年6月、トヨタの技術を応用したハイブリッド車(HV)「XVハイブリッド」の販売を開始し、HV市場に初参入した。PHVは環境対応車の第2弾となる。

 吉永社長は、環境対応車について「われわれの規模の会社では1社で開発できない」とし、今後もトヨタとの環境分野での提携を強化していく方針を明らかにした。

「スバルらしいコンセプトの車を出すことが重要」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。