「本命チョコ」原点回帰で高級品強化 大手百貨店、バレンタイン商戦熱気 (1/3ページ)

2014.1.20 06:00

松屋銀座が販売するラトビアのブランド「エミルス・グスタフス」のチョコレート「ジュエリー」(24個入り1万8900円)=東京都中央区

松屋銀座が販売するラトビアのブランド「エミルス・グスタフス」のチョコレート「ジュエリー」(24個入り1万8900円)=東京都中央区【拡大】

  • そごう・西武が販売するハイヒール形のチョコに金箔を貼った「カカオサンパカ/アマソナ」(1個1万2600円)=同社提供

 今月下旬から本格化するバレンタイン商戦に向け、大手百貨店が高級チョコや組み合わせギフト用の商品を強化している。近年は女性同士で交換する「友チョコ」など男子不在のバレンタインが定着しつつあったが、今年は「本命チョコ」に原点回帰。景気回復で温かくなった働く女性の懐に訴える作戦だ。

 「今年は義理チョコは扱いません」

 こう意気込むのは松屋銀座食品部の今井克俊バイヤー。同店ではラトビアのブランド「エミルス・グスタフス」のチョコレート「ジュエリー」(24個入り1万8900円)など5000円以上の商品が2割を占める。

 高級品として知られるタヒチ産のバニラを使った独自商品など「商品の背景や物語性を強調したチョコ」(今井氏)を重点的に品ぞろえ。客単価が前年に比べ1000円程度上がると予想しており、商戦全体でも前年比20%増の売り上げを見込んでいる。

「大切な人にはお金を使おうという意識が強まっている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!