「シャケ弁」が「ニジマス弁」に? 食材偽装の余波… 現場は混乱 (2/4ページ)

2014.2.19 13:32

消費者庁の食品表示ガイドライン案が弁当店にも波紋を広げている。おなじみの「シャケ弁」が消えてしまう?

消費者庁の食品表示ガイドライン案が弁当店にも波紋を広げている。おなじみの「シャケ弁」が消えてしまう?【拡大】

  • 揺れる外食業界…人気の「シャケ弁」も、消費者庁の指針案では「ニジマス弁当」に?

 持ち帰り弁当チェーン「ほっともっと」の定番メニュー「しゃけ弁当」(390円)にも、ニジマスを海で養殖したサーモントラウトが使われている。

 運営するプレナス(福岡市)の担当者は「唐突に出たという印象。協議の行く末を見守りたい」と戸惑い気味。川魚のニジマスは白身だが、海で養殖すると赤身になり、脂も乗っておいしいため、「価格も秋鮭の倍以上する」というサーモントラウトを使用しているという。

 元農林水産省食品表示Gメンで「食の安全・安心財団」事務局長の中村啓一氏は「さすがにシャケ弁当を『ニジマス弁当』というのは違和感がある。消費者も混乱する」と指摘する。

サーモントラウトを使った弁当に、単に「サケ弁当」と書くだけなら問題ない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。