GMが150万台追加リコール CEO陳謝…批判増す恐れも (1/2ページ)

2014.4.1 10:35

 【ワシントン=柿内公輔】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は3月31日、北米を中心に約150万8400台を新たにリコール(回収・無償修理)すると発表した。

 GMが2月から発表したリコールは延べ約650万台に達した。米下院はこの問題で公聴会を4月1日に開く予定で、GMのバーラ最高経営責任者(CEO)は事前に公表された証言テキストで改めて陳謝したが、批判が増す恐れもある。

 対象は2009~10年型「シボレー・HHRコンパクト」など6モデル。GMによると、パワーステアリングの不具合で低速での運転が難しくなり衝突の危険も増すという。

 GMは点火スイッチの不具合による死亡事故も絡んだ大量リコールも発表済みで、1~3月期のリコール費用が最大7億5千万ドル(約770億円)と、当初の3億ドルから膨らむ見通しも示した。

「リコールの影響を受けたすべての人に心からおわびする」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。