「軽」打倒へ小型車の攻勢相次ぐ 世界戦略車、国内量販で収益向上 (3/4ページ)

2014.4.25 06:33

 この結果、新車販売に占める小型車の割合は1996年度の4割をピークに、2013年度は26.5%まで減少した。13年度の新車販売の上位10車種に入る小型車は、HVを含めたフィットしかなく、日本では小型車の存在感が完全に失われつつある。

 高い環境性能

 それでも各社が開発の力を緩めないのは、燃費規制も重なり小型車が世界的に人気を集めているからにほかならない。ヴィッツやフィットなども世界戦略車として地位を確保している。欧州では二酸化炭素(CO2)排出量に応じて税率が決まる制度が導入されており、需要のほとんどが燃費性能に優れる小型車。新興国では「初めて車を購入するのに手が届くのが小型車」(ダイハツ工業幹部)として需要が高く、各社とも開発の主力に置いている。

世界戦略車の小型車販売に力を入れるのは、世界の需要と歩調を合わせたいため

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。