電機大手の「植物工場」参入相次ぐ 技術生かし新たな柱に (2/3ページ)

2014.6.5 06:51

 日立製作所も今月から、強みのセンサー技術を生かし、植物工場向けに生育環境や栽培設備のデータを収集してリアルタイムに遠隔監視するサービスを始めた。このほか、富士通やシャープも植物工場を作るなど電機各社の農業分野への参入が活発化している。

 電機各社が農業に注力するのは、ビジネスとして大きな可能性があるからだ。国内では農業従事者の減少で食料自給率の低下が危惧されている。

 海外でも、爆発的な人口増加で食の需給バランスが崩れる可能性があるという。農地以外で安定的に生産できる植物工場や、人手不足を解消できる生産性の高いシステムのニーズが、世界的に高まっている。

「グローバルで勝負するには国内メーカーは出遅れている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。