「エナジードリンク」競争過熱 異業種参入、マルコメは女性に照準 (1/3ページ)

2014.7.29 06:46

サントリー食品インターナショナルが発売したエナジー飲料「リゲインエナジードリンク」。ブランド力を活用し、30~40代の働く男性を取り込む

サントリー食品インターナショナルが発売したエナジー飲料「リゲインエナジードリンク」。ブランド力を活用し、30~40代の働く男性を取り込む【拡大】

 医薬品、食品など異業種も含めた参入が相次ぎ、カフェインやアルギニンなどの成分を含んだ炭酸飲料であるエナジードリンクの市場が盛り上がっている。今年の市場は前年比30%近い伸びになるとされ、飲料業界の期待の分野だ。各社さまざまなアプローチで、成長市場でのシェア獲得を目指している。

 新たな顧客開拓

 エナジードリンクは、オーストリアのレッドブルが日本での火付け役だ。2005年に国内で発売。海外ではモータースポーツやスケボーなど、若者に人気のスポーツとコラボレーションしており、国内発売後は、20代の若者を中心に、クラブなどおしゃれな場所での飲み物として流行した。

 これに対し、アサヒ飲料が「モンスターエナジー」、日本コカ・コーラも「バーン」で追随したが、レッドブル同様にメーンは若者だ。

マルコメは女性を取り込み

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。