ソニー不動産「両手取引」排した営業奏功 顧客獲得率は大手の3倍 (1/2ページ)

2014.10.25 06:51

インタビューに応じるソニー不動産の西山和良社長=24日、東京都中央区

インタビューに応じるソニー不動産の西山和良社長=24日、東京都中央区【拡大】

 ソニーが4月に子会社として設立し、8月に営業を始めたソニー不動産の西山和良社長(39)は24日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、「業界の慣習やルールにとらわれないサービスで実績を積み上げている」と述べ、不動産の買い主と売り主の双方から仲介手数料を得る「両手取引」を行わずに順調に営業成績を高めていることを明らかにした。

 両手取引は日本の業界では一般的だが、利益相反の恐れがあるため米国では多くの州で禁止されている。同社は「必ず売り手か買い手のどちらかに寄り添う」(西山氏)という手法を採用。また、仲介手数料は多くの不動産会社で一律3%だが、人件費など実際にかかった額に基づいて3%以内で決めている。

 こうした独自のビジネスモデルが受け入れられ、営業成績は「相談に来た顧客が契約に至る比率は大手他社平均の約3倍」(西山氏)と順調だ。

3年後に株式公開、5年後に売上高500億円の実現を目指す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。