出光、昭和シェル買収交渉は5000億円規模 首位JXに迫る (1/2ページ)

2014.12.22 06:11

 石油元売り2位の出光興産が同5位の昭和シェル石油を買収する方向で交渉に入った。経営規模の拡大で競争力を高めるのが狙いで、来春の基本合意を目指す。TOB(株式公開買い付け)を通じ昭和シェル株を取得する方針で、買収額は5000億円規模となる見通しだ。両社の連結売上高の合計は8兆円規模と業界首位のJXホールディングス(約12兆4000億円)に迫る。

 両社が20日、「事業再編に関して幅広く検討しており、昭和シェルともさまざまな可能性について協議している」(出光)、「さまざまな経営上の選択肢について検討しており、その中で、出光とも協議をしている」(昭和シェル)とのコメントをそれぞれ発表した。

 昭和シェルの時価総額は19日現在で約3800億円。出光は主力行である三井住友銀行から買収資金の調達にめどをつけた。石油業界に再編を促してきた経済産業省も支援に乗り出すもようだ。

少子化や低燃費車の普及を背景に、石油製品の需要減少に歯止めがかからず

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。