出光、昭和シェル買収交渉は5000億円規模 首位JXに迫る (2/2ページ)

2014.12.22 06:11

 少子化や低燃費車の普及を背景に、国内ではガソリンなど石油製品の需要減少に歯止めがかかっておらず、石油業界では原油処理能力の削減が喫緊の課題。両社は規模の拡大により国内生産設備の合理化を急ぐほか、成長事業と位置付ける海外展開の強化につなげる考えだ。

 今後はグループ会社を含め両社で計6カ所ある製油所の生産性向上や給油所の統廃合などが課題となる。原油の調達量が増えれば、産油国などとの価格交渉力の向上も期待できる。

 石油連盟によると、石油元売りの売上高に対する経常利益の比率は2012年度で1%。製造業は平均5%程度とされ、低迷が際立つ。今回の買収交渉が表面化したことで、石油業界の再編が今後加速しそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。