ギャラクシー「サムスン隠し」の意味って? 異例の“日本限定戦略” (2/4ページ)

2015.5.10 07:00

 追い上げる中国勢

 サムスンの足元での最大の課題は、スマホ市場での世界首位の座のアップルからの奪還にある。

 長く世界シェアトップを走ってきたサムスンの変調は、昨年末から鮮明になってきた。それはさまざまなデータが示している。

 2014年10~12月期にサムスンのスマホ世界販売台数(米調査会社ガートナー調査)はアップルに抜かれ2位に転落した。サムスンの13年の通年業績は、営業利益、売上高とも過去最高だったが、14年は9年ぶり減収、3年ぶりの減益を記録した。

 4月7日に発表した15年1~3月期の連結決算(暫定値)でも、営業利益が前年同期比約31%減の約5兆9千億ウォン(約6500億円)。営業利益は前期(14年10~12月期)に比べれば12%程度増加しているが本格回復はまだ遠い。

鳴り物入りで投入するスマホに自社のロゴを入れない意味

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。