シャープ高橋社長が液晶分社化で“豹変” 「固執するのはよくない」 (3/4ページ)

2015.8.15 17:12

平成27年4~6月期連結決算を発表し、記者の取材に応じるシャープの高橋興三社長(右端)=東京都港区

平成27年4~6月期連結決算を発表し、記者の取材に応じるシャープの高橋興三社長(右端)=東京都港区【拡大】

  • 平成27年4~6月期連結決算を発表し、記者の質問に答えるシャープの高橋興三社長=東京都港区

 このため液晶事業の財務基盤を強化し、外部からの資金調達もしやすい環境を整える手法として社外分社化が検討され、主力取引銀行がシャープの求める資本支援に踏み切る前提と位置付け協議していた。

 5月14日に発表した中期経営計画では、液晶を含めた7事業を5つの社内カンパニーに再編することが柱と位置付けられたが、液晶事業については「将来の分社化を視野に」と発表することで主力取引銀行とも合意していた。ところが、シャープ側が発表直前にこの部分を削除した。

 関係者によると主力取引銀行側は「支援の前提が崩れた」と強い不満を示したが、高橋社長は会見で「売上高全体の3分の1を占める液晶をなくしたら中期経営計画(の業績)が成り立たない。社外分社の考えは全くない」と言い切ったのだが…。

 柔軟対応?

 シャープは10月に社内カンパニー制に移行することを見据え、ガバナンス(企業統治)を強化するため本社が事業を統括する方式に組織を再編し、会見では、高橋社長は「営業との議論が深くなり、市場の変化をつかまえてきている。前の体制のままだとまだ焦ってもいない」と手応えを口にした。

重点戦略の中の小項目はいろいろ動いていく。こだわる必要はない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。