シャープ高橋社長が液晶分社化で“豹変” 「固執するのはよくない」 (4/4ページ)

2015.8.15 17:12

平成27年4~6月期連結決算を発表し、記者の取材に応じるシャープの高橋興三社長(右端)=東京都港区

平成27年4~6月期連結決算を発表し、記者の取材に応じるシャープの高橋興三社長(右端)=東京都港区【拡大】

  • 平成27年4~6月期連結決算を発表し、記者の質問に答えるシャープの高橋興三社長=東京都港区

 ただ、再建策の具体的な変更については、液晶事業の社外分社化を中計を終える3年間で検討すること以外は明らかにしなかった。さらに「(中計の)数字は死守していくが、重点戦略の中の小項目はいろいろ動いていく。こだわる必要はない。柔軟にいろいろとやっていかないといけない」と語った。

 これら会見の内容は社内にも音声が流れたが、再建策の柱として協議された液晶事業の社外分社化の方針さえすぐに方針転換し、今後も変更が続くことについて「業績目標の数字以外はなんでもありの場当たり的な対応が始まるのでは」とささやかれている。

 希望退職を含む再建策について高橋社長は社内文書で「痛みを伴うものもあるが、やり切らなければ明るい未来を描くことはできない」と呼びかけた。ただ、経営トップの突然の豹変に社員に「新たな“痛み”を強いられなければいいが」と不安が広がっている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。