アニメイト、KADOKAWA、講談社、集英社、小学館がマンガの海外展開で新会社 (1/3ページ)

2015.9.6 08:00

左から小学館取締役の相賀信宏さん、KADOKAWA取締役の塚本進さん、アニメイト取締役の國枝信吾さん、講談社取締役の峰岸延也さん、集英社コミック販売部長の隅野叙雄さん

左から小学館取締役の相賀信宏さん、KADOKAWA取締役の塚本進さん、アニメイト取締役の國枝信吾さん、講談社取締役の峰岸延也さん、集英社コミック販売部長の隅野叙雄さん【拡大】

  • ジャパン マンガ アライアンスが目指すのは「日本のマンガ・アニメのファンが爆発的に広がるインフラ作り」
  • ジャパン マンガ アライアンス代表取締役に就任するアニメイト取締役の國枝信吾さん
  • 海外店舗では品揃えもイベント展開も日本並みに充実させて現地のファンに喜んでもらう
  • KADOKAWA、講談社、集英社、小学館とマンガ出版大手が加わった意味は大きい
  • 装丁も印刷も翻訳も高品質の本物で日本マンガのファンを増やす
  • タイなど海外でのマンガ出版には各社とも取り組んでいる。ジャパン マンガ アライアンスでまとまって活動することで今まで以上の成果を狙える

 “本物”のマンガを見てもらうことで、日本のマンガを世界に広めていくプロジェクトが立ち上がりました。マンガやアニメーションのソフト、CD、キャラクターグッズなどを扱うアニメイトと、日本を代表する出版社のKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の5社は2015年9月1日、合弁会社のジャパン マンガ アライアンスを設立したと発表しました。

 この会社が目指すのは「著作権・権利関係がきちんと尊重され、守られ、ニセモノではなく、すばらしい本物の作品にファンたちが接する場所を提供し、日本マンガ・アニメのファンが爆発的に広まるインフラ作りを行う」ことです。9月1日に東京都内で開かれた設立発表会見で、その具体的な活動が公表されました。

 ひとつは、日本のマンガを世界の人に知ってもらうための活動です。まずはタイのバンコクに現地法人を設立して、日本のマンガやアニメを扱うショップを年末から来春にかけてオープンします。店名はマンガやアニメの専門店として世界にも知られたアニメイトになります。

「ガンダム」「ダグラム」など人気アニメのメカニックデザインが上野の森美術館に大集合

チョコ味の「トリプル・ドムとうふ」でジェット・ストリーム・アタックを再現しよう

角川歴彦氏が語るNetflixの可能性やコンテンツとテクノロジーの結びつき

スペシャリストによる運営を行っていく方針

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。