シャープ“タコ足喰い”一部から反発の声 新たな負担「自社製品購買運動」 (2/3ページ)

2015.11.23 17:07

20日発売の大型空気清浄機。シャープ製品愛用運動」で売り上げは底支えされるか=大阪市北区(織田淳嗣撮影)

20日発売の大型空気清浄機。シャープ製品愛用運動」で売り上げは底支えされるか=大阪市北区(織田淳嗣撮影)【拡大】

 家電や太陽電池事業を統括する長谷川祥典専務執行役員が16日付で社内に通知し、「当社は大変厳しい状況にある。絶大な協力を」とのメッセージが添えられた。購入の「目標」として役員級20万円、管理職10万円、一般社員5万円と設定されており、年末商戦を社員が底支えする狙いとみられる。

 家電メーカーには、どこでも自社製品の従業員販売推奨制度はある。シャープでも数十年来、「バイシャープ」と呼ばれる自社製品購買運動を続けていた。

 購入を決めた社員がシャープ製品の品名を書いた帳票を書き、シャープと提携している販売店に持っていくと品物が受け取れる仕組み。代金は給与から天引きされていた。

 販売店は近年、大型量販店の台頭で数が減少し、バイシャープ運動は形骸化していったが今年、経営危機のなかで「バイシャープ」が危機感をもって連呼されるようになった経緯がある。

経費削減ですでに給与や賞与がカットされるなかで…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。