トヨタ社長「レクサスは退屈な車ではない」 新型車「LC500」に自信満々 (1/2ページ)

2016.1.13 06:50

米デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーで、トヨタ自動車が初公開した「LC500」と豊田章男社長(左)=11日(共同)

米デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーで、トヨタ自動車が初公開した「LC500」と豊田章男社長(左)=11日(共同)【拡大】

 世界最大級の自動車見本市、北米国際自動車ショーが11日、ミシガン州デトロイトで開幕し、日米欧などの自動車各社が戦略車や試作車などを相次いで発表した。米国の自動車市場は2015年に過去最高の販売台数を記録しており、各社は高級感や経済性をアピールして消費者への浸透を狙う。

 ショーではトヨタ自動車が高級車ブランドの「レクサス」で新型車「LC500」を発表。日産自動車は高級車ブランド「インフィニティ」から新型車「Q60」(日本名スカイライン・クーペ)を披露した。またホンダはピックアップトラック「リッジライン」の新型車を発表した。

 「レクサスが退屈な車でないということに同意してもらえると思います」。トヨタ自動車の豊田章男社長は11日、新型車LC500の発表を自信満々の一言で締めくくった。

かつてレクサスが「運転が楽しくない」などと酷評されたというエピソードを紹介

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。