日鉄住金建材、津波避難タワーの販売伸ばす “先兵”として役割期待 (1/3ページ)

2016.3.11 07:06

日鉄住金建材が東日本大震災の被災経験を基に開発した津波避難タワー=仙台市宮城野区

日鉄住金建材が東日本大震災の被災経験を基に開発した津波避難タワー=仙台市宮城野区【拡大】

 新日鉄住金傘下で建設用鋼管(パイプ)などを手掛ける日鉄住金建材(東京都江東区)が、津波発生時に活用する避難タワーの販売を伸ばしている。仙台港に隣接する仙台製造所(仙台市宮城野区)が、東日本大震災で津波被害を受けた経験を基に開発した。日鉄住金建材は防災分野の市場開拓に力を入れており、避難タワーに“先兵”としての役割を期待する。

 「東日本大震災レベルの大津波にも対応できる」。仙台製造所の阿部研仁所長は、事務棟の隣にある3階建ての避難タワーを見上げながら胸を張った。

 セーフガードタワーと名付けられた避難タワーは高さ11メートル。3階と屋上だけで200人を収容できる。同工場で製造したパイプで強度を高め、1階部分に壁がなく、波が通り抜けやすいなど設計でも工夫した。

 震災1年後に建設。避難場所として水や食糧を常備しているほか、ショールームとしても活用しており、これまで国内外から延べ2000人が見学に訪れた。同時に外販も始め、静岡県袋井市など20カ所に納めている。

震災当日、仙台製造所で働いていた76人の社員は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。