東芝の水素発電システム、横浜市が導入 災害時の非常用電源として期待 (1/2ページ)

2016.4.21 16:12

東芝が横浜港流通センターに設置した自立型水素エネルギー供給システム=21日、横浜市鶴見区(黄金崎元撮影)

東芝が横浜港流通センターに設置した自立型水素エネルギー供給システム=21日、横浜市鶴見区(黄金崎元撮影)【拡大】

  • 東芝が横浜港流通センターに設置した自立型水素エネルギー供給システム=21日、横浜市鶴見区(黄金崎元撮影)

 東芝は21日、横浜市港湾局の横浜港流通センター向けに受注した自立型水素エネルギー供給システムが運転を開始したと発表した。このシステムは太陽光発電や水素を活用し、二酸化炭素(CO2)を排出せず、電力を安定的に供給できる。横浜市は、このシステムを災害時の非常用電源として活用する実証実験などを行っていく。

 東芝が提供するシステムは水電解水素製造装置、水素貯蔵タンク、燃料電池、蓄電池、貯湯タンクから構成されている。

 太陽光発電から供給される電力で製造した水素を水素タンクに貯蔵。災害時にライフラインが寸断した場合にタンクの水素を使用して燃料電池で発電する仕組みとなっている。

 雨が降って、太陽光発電が利用できない場合でも72時間分の電力を供給できるという。また、平常時には事務所内の使用量電力を制御し、エネルギー効率を高めた運用も可能だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。