「忠義仁勇」シャープ社長に金色スカーフ 縁起担ぎや風水…信心深い郭会長 (3/5ページ)

2016.5.3 17:10

シャープ本社を訪れた鴻海精密工業の郭台銘会長=大阪市阿倍野区のシャープ本社(石川有紀撮影)

シャープ本社を訪れた鴻海精密工業の郭台銘会長=大阪市阿倍野区のシャープ本社(石川有紀撮影)【拡大】

  • 報道陣の取材に応じる鴻海精密工業の郭台銘会長=大阪市阿倍野区のシャープ本社(石川有紀撮影)
  • シャープ本社を出る鴻海精密工業の郭台銘会長。待ち構える報道陣に笑顔で手を振った=大阪市阿倍野区(山田哲司撮影)
  • 契約を結び、握手するシャープの高橋興三社長と、鴻海精密工業の郭台銘会長、戴正呉副総裁(右から)=堺市の堺ディスプレイプロダクト(門井聡撮影)

 調印式に先立ち、郭会長は91歳になる母親をはじめ家族を会場に案内。鴻海グループナンバー2の戴正呉副総裁も従えて、工場敷地内の稲荷神社に参拝している。一代で売上高規模で15兆円の電子機器受託製造サービス(EMS)世界最大手を築き上げ、ついには創業100年を超える日本の電機大手の一角を傘下に収めた誇らしい姿を家族や側近にみせたかったのかもしれない。

 調印式と共同会見で登壇した郭会長は、スーツに紫色のネクタイ姿で、普段よりは控えめな印象。シャープ支援をめぐって日本の官民ファンド、産業革新機構と競り合い、1月末と2月初旬に大阪市阿倍野区のシャープ本社に姿を現したときに身につけていた黄金色の勝負マフラーは封印していた。

 郭会長は「これは私のラッキーシンボルだ」と記者団に説明するが、実は三国志で活躍する武将、関羽をまつる「関帝廟(かんていびょう)」から贈られたといわれる。

「困ったことや悩みがあると、関羽が夢に出てきて指示を出す」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。