不思議なコラボ…「とうふで、グラノーラ。」を自己流で楽しむ 編集部員オススメの“ちょい足し”は? (3/5ページ)

2016.5.22 07:10

カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」

カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」【拡大】

  • カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」
  • 「とうふで、グラノーラ。」に塩こんぶをちょい足し。これは美味しかった!
  • 「とうふで、グラノーラ。」にのりたまを振りかけてみる。これもいけるぞ!
  • カルビー「ポテトチップス うすしお味」も試してみた。

ごま(白)

 フルグラ、豆腐と組み合わせたときのバランスが良い。ごまの風味が新たな魅力を生み出している。使い勝手も良く、健康増進にも効果がありそうだ。100点。

醤油

 豆腐との相性の良さは言うに及ばず。ただ、フルグラとは合わない気がした。20点。

玉ねぎドレッシング

 豆腐との相性は良いのだが、フルグラとは仲良くなれそうにない。ドレッシングは種類が豊富なので、ほかに逸材が眠っているかも? 40点。

青のり

 鮮やかなグリーンを加えると見た目がグッとキレイになる。ただし、味は「フツー」。後味に磯の香りが残るため、好みが分かれそうだ。50点。

 次に、大竹が担当したのは以下の食材。「塩こんぶ」「いぶりがっこ」「きな粉」「赤しそふりかけ」「のりたま」「梅こんぶ茶」「バルサミコ酢」「みそダレ」「わさび」「ポテトチップス」。激ウマから激マズまで正直に紹介する。

塩こんぶ

 意外にも思える組み合わせは、グラノーラのドライフルーツの甘さと塩こんぶのしょっぱさが絶妙に融合。性格の違う両極端の味覚を豆腐がまろやかに包み込む。期待感は薄かったが、これはやみつきになる美味しさ。95点。

いぶりがっこ

 いぶりがっこと言えばクリームチーズとの相性の良さがよく知られているが、豆腐との組み合わせはどうか。食べる前の期待は高かったが、いざ試してみると「ん…?」。残念ながら、燻製の独特な風味が完全に消えてしまい、シャキッとした大根の食感以外は存在感ゼロ。塩こんぶのようなミラクルな“化学反応”は起きなかった。存在感がなければ「ちょい足し」にならないので0点。

きな粉

 これは“鉄板”と見込んでメンバー入りさせた、安全パイ的なプレーヤー。牛乳や豆乳と合わせても相性バッチリということもあり、期待値をかなり上げて振りかけてみたが…きな粉のパサパサ感が最後まで残り、食感はイマイチ。気になる味の方は「節分の福豆」と全く変わらず。期待ハズレの20点。

バルサミコ酢は吉と出るか凶と出るか…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。