不思議なコラボ…「とうふで、グラノーラ。」を自己流で楽しむ 編集部員オススメの“ちょい足し”は? (5/5ページ)

2016.5.22 07:10

カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」

カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」【拡大】

  • カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」
  • 「とうふで、グラノーラ。」に塩こんぶをちょい足し。これは美味しかった!
  • 「とうふで、グラノーラ。」にのりたまを振りかけてみる。これもいけるぞ!
  • カルビー「ポテトチップス うすしお味」も試してみた。

みそダレ

 もともとみそダレの味が独特なので、ある意味“相手を選ぶ”調味料。とんかつのように、みそに負けない存在感があれば美味しいマッチングとなるが、グラノーラと豆腐では“完敗”してしまった。食べた感想は「甘い…。甘い…。アマーイ!」。みそダレが美味しいので10点。

わさび

 これまでのメンバーとは完全に異質の刺激系。わさびと豆腐の相性は悪くないので、「これはしょう油を足せばウマイかも?」と期待を込めてハードルを上げてみたが…。結果的には「これをやるならグラノーラはいらない」。豆腐、わさび、しょう油の3点セットで十分。これでは本末転倒だ。採点に悩むが15点。

(津田がわさびに高得点を与えていることを考えると、やはり味覚や好みは人それぞれということ)

ポテトチップス

 たまたま自宅に食べかけのカルビー「ポテトチップス うすしお味」があったので、番外編として試してみた。豆腐と合わせて口に運ぶと、ポテトの主張がなかなか強い。それなりに美味しいのだが、ポテトチップスは「そのままで食べるのが一番」と確信。ふやけてパリパリ感がなくなるのも残念。念のためしょう油をかけてみたが、ポテチはやっぱりそのままが美味しい。カロリーも高くなるので50点。

 いろんなちょい足しに挑戦した結果、SankeiBiz編集部が読者に安心してオススメできるのは「ごま(白)」「塩こんぶ」「ジャム」「生姜」「のりたま」「はちみつ」「赤しそふりかけ」となった。変わり種では、「ポン酢」「マヨネーズ」を推したい。もし「とうふで、グラノーラ。」にちょびっと飽きてきたら、ぜひお試しあれ。

 ※今回の試食は個人の主観によるものです。使った素材は、スタッフが責任をもって最後まで食べました。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。