不思議なコラボ…「とうふで、グラノーラ。」を自己流で楽しむ 編集部員オススメの“ちょい足し”は? (4/5ページ)

2016.5.22 07:10

カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」

カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」【拡大】

  • カルビーと相模屋食料のコラボレーション「とうふで、グラノーラ。」
  • 「とうふで、グラノーラ。」に塩こんぶをちょい足し。これは美味しかった!
  • 「とうふで、グラノーラ。」にのりたまを振りかけてみる。これもいけるぞ!
  • カルビー「ポテトチップス うすしお味」も試してみた。

赤しそふりかけ

 赤しそと塩気が豆腐のまろやかさとマッチ。塩こんぶと似たマッチングの良さだが、その主張が強い分、こんぶよりも好みが分かれそう。意外や意外の70点。

のりたま

 ふりかけの定番「のりたま」。ごはんとの相性は抜群だが、豆腐との組み合わせは未知数。とりあえず何も考えずに食べてみたが、これがなかなかウマイ。サバの削り節としょう油の塩気が、玉子やグラノーラの甘みと実によく合う! これはのりたま自体の“完成されたうまさ”が美味しさの要因か。期待以上の80点。さすがのりたま!

梅こんぶ茶

 ここまで塩分とグラノーラ、豆腐のマッチングが成功していたので、これも大いに期待していたのだが…。ベストの分量だとけっこう美味しいのだが、少しでも入れすぎたり少ないだけで、すぐに全体のバランスが崩れる。さじ加減が非常に難しいので、ぶっちゃけ作るのが面倒くさい。パウダーを入れすぎた時の味の濃さは、もはや食すのが辛いレベル。そもそもお湯で薄めて飲むものだし、これは仕方ないか。ササッと手軽に食べたい朝食の割にかなり高度の“テクニック”が要求されるので35点。

バルサミコ酢

 これはかなりの博打。朝食でお酢が登場する事なんてほぼないわけで、吉と出るか凶と出るか全く想像つかず。結果は、ツーンとしたお酢の酸味が独り歩きしてしまい、グラノーラや豆腐との協調性を欠いた。結局グラノーラの存在感を消してしまい、ただただお酢を飲んでいるようでマズかった。きな粉ほど食感は悪くなかったので5点。

編集部がオススメするちょい足しはこれ!

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。