予算2千円以内がマスト? 吉野家、ケンタ、スタバ…広がる「ちょい飲み」 (1/3ページ)

2016.5.28 17:12

 仕事帰りに、ちょっと一杯-。ビールやチューハイなどのアルコール飲料と、つまみの一品などを合わせて提供する「ちょい飲み」サービスが、外食チェーンを中心に広がりをみせている。格安な料金で、サービスを充実させる動きも強まっており、外食業界の新たな潮流として定着するのか注目されている。(藤谷茂樹)

 牛皿+ビール

 通勤帰りのサラリーマンなどが目立ち始めた牛丼チェーン・吉野家の東三国店(大阪市淀川区)。人気メニューは、牛丼の具を盛りつけた「牛皿」(並盛、330円)と生ビール(ジョッキ、350円)だ。

 定番の牛皿だけでなく、ビールに合うメニューとして、鰹(かつお)ベースのだしでスライスした牛肉やタマネギ、絹ごし豆腐を煮た「牛すい」(350円)や、みそ仕立てのたれで牛すじ肉を煮込んだ「牛煮込み」(350円)、飲み終わり用の小ぶりな「〆(しめ)の牛丼」(300円)なども「吉呑み」として提案している。

 その狙いを広報担当者は「利用は昼の比重が高く、夜の利用の活性化が課題だった」と説明する。

「アルコールの楽しみ方に選択肢を広げたことが客にうけたのでは」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。