探求学習で日英バイリンガル育成 関西国際学園・中村久美子社長 (1/3ページ)

2016.6.6 05:00

 学校教育法の適用を受けない独自のインターナショナルスクールを運営し、日英バイリンガル教育に携わっているのが関西国際学園。現在は関西や東京で12校を運営しており、ゼロ歳から12歳まで約1200人の子供を教えている。創業者である中村久美子社長は授業を通じて「クリティカル・シンキング(批判的思考)が培われていくようにしていきたい」と語る。

 ◆「ないなら自力で」

 中村さんは学生時代、米国で学んだ。この経験を踏まえ長男は、日英バイリンガルに育てたいと考えていた。その思いがかなうような幼稚園に通わせようといくつか見学したが、満足できる施設はなかった。例えばインターナショナルスクールは、日本語や日本文化の教育がすっぽりと抜け落ちていた。英語を発達させるには、日本語を確立することが最低必要条件。「それならば自分でつくろう」と決めて設立したのが関西国際学園だ。

 学園は法律上、義務教育に当たらない私塾。0~2歳の乳幼児部では教師1人に対して3~6人、幼稚園部と6~12歳の初等部は外国人と日本人スタッフによる2人担任制で、1クラス当たり20人以下の少人数制を採用している。

 日英2カ国語によるカリキュラムは2015年に、世界的な教育課程「国際バカロレア」に認定された。バカロレアは「自ら考え行動できるような人を育てる世界トップレベルのプログラム」(中村社長)。子供たちの国際的感覚や学力、教師のレベル、親の子育てに対する考え方などを厳しく判断した上で認定する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。