ビール増産、猛暑・減税に期待 大手各社、第3・発泡酒からシフト (1/2ページ)

2016.6.15 19:26

 大手ビール各社は、今夏のビール生産量を増やす。キリンビール、サントリービール、サッポロビールの3社は前年同期比で1割程度増産するほか、アサヒビールも「需要動向に応じて柔軟に対応する」方針だ。税制改正により、早ければ来年度にもビールの税率が引き下げになるとの観測が広がっており、各社は発泡酒や第3のビールに振り向けていた経営資源を、ビールにシフトし、ブランド強化を図る狙いだ。

 キリンビールは15日、ブランド強化の一環として、主力ビールのコンセプト店「キリン一番搾りガーデン」(東京都港区)をオープンした。同社の広告・販売促進費は前年と同水準だが、ビールに重点的に配分する計画。6月のビール生産量も1割超増やす。

 サントリービールも6~8月のビール生産量を1割増やす。サッポロビールは6~7月のビール生産量を11%増やす計画だ。

 各社がビール事業に経営資源を振り向けるのは、早ければ平成29年度の税制改正で「酒税が改正される」との思惑からだ。これまでの税制改正協議ではビール▽発泡酒▽第3のビール-の税率を統一し、発泡酒と第3のビールの税率を引き上げる一方、ビールを減税する方向で議論が進んでいる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。