個人消費押し上げなるか!? 関東地方梅雨明け…猛暑でビールやエアコン相次ぐ増産  (1/2ページ)

サントリービールは今夏のビール生産を増やす(東京都府中市)
サントリービールは今夏のビール生産を増やす(東京都府中市)【拡大】

 気象庁が28日、関東甲信地方の梅雨明けを発表し「夏本番」を迎える中、企業がビールやアイス、エアコンといった気温上昇に伴って売れ行きが伸びる商品の増産に乗り出している。今夏は猛暑が予想されており、夏商戦が盛り上がれば低迷する個人消費を喚起する可能性がある。

 「(猛暑で)ビール需要は2~3%プラスになる。今夏は期待できる」。こう話すのはキリンビールの布施孝之社長だ。

 キリンは8月の発泡酒などを含む「ビール類」の生産を、前年同月比で1割弱増やす計画だ。また、7~8月はアサヒビールが「第3のビール」の主力ブランドを2割増産し、同じくサントリービールもビールを1割増産する。

 気象庁によれば、関東甲信地方は今後1週間晴れの日が多く、暑い日が続く見通しだ。全国的にも8月からの3カ月間は気温が高いという。

 暑い日が続けば、冷たい飲み物や食品が売れる。人気の氷菓「ガリガリ君」を製造する赤城乳業も7~8月の氷菓・アイスクリームの生産を12%増やす。

 家庭用エアコンの販売も好調だ。パナソニックは「7月初めの販売が前年比で4倍になり、その後も2倍の売れ行き」(幹部)という。好調な販売を受け、三菱電機は今夏のエアコンの生産台数を2割増やす計画だ。