ポケモンGOで深夜徘徊、184人を補導、高校生が最多

2016.8.2 18:10

ポケモンGOを楽しむ人たちで深夜までにぎわう扇町公園=28日夜、大阪市北区(井上浩平撮影)
ポケモンGOを楽しむ人たちで深夜までにぎわう扇町公園=28日夜、大阪市北区(井上浩平撮影)【拡大】

 静岡県警少年課は2日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を遊ぶために深夜徘徊(はいかい)や無断外泊をしたとして、7月末までに12~18歳の少年少女184人(うち少女18人)を補導したと発表した。

 年代別では高校生が110人と最多で、有職少年41人▽無職少年22人▽中学生9人▽大学生2人-の順だった。小学生以下の補導者はなかったが、県東部に住む小学5年生の男児が深夜に母親のスマホを持ち出して1人で外出し、午前2時半に帰宅したケースもあったという。

 同課によると、従来の非行少年は路上やコンビニなどで補導されることが多いのに対し、ポケモンGOの利用者は補導場所がゲーム中でモンスターが現れる公園や神社に集中していた。同課の担当者は「深夜徘徊や無断外泊は犯罪被害に遭う危険性が高くなる。ゲームにはプレーヤーの位置情報などが含まれており、個人の特定につながる情報の流出にも気をつけてほしい」と注意を呼びかけている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。