鴻海とシャープの液晶パネル、サムスン電子が調達打ち切り 価格交渉決裂で

2016.12.14 13:56

サムスン電子の本社にあるロゴ=ソウル
サムスン電子の本社にあるロゴ=ソウル【拡大】

 台湾の鴻海精密工業とシャープが共同運営する「堺ディスプレイプロダクト(SDP)」(堺市)が、韓国サムスン電子向けのテレビ用液晶パネルの供給を来年から中止することが14日、分かった。鴻海とシャープは経営への打撃を回避するため別の販売先に切り替える方針。

 液晶パネルの価格低迷で赤字に陥るなど経営が悪化しているSDPが、販売交渉でパネル価格の値上げを目指した結果、サムスンと折り合いが付かなかったためとみられる。

 SDPはシャープが2009年に大型液晶パネルの量産を目指し巨額を投じて設立し、12年に鴻海側が出資した。

 SDPは09年の操業開始後、供給先が安定せずシャープの業績が悪化する要因となった。現在は鴻海側とシャープがそれぞれ37・61%の株式を保有する持ち分法適用会社となっている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。