「私の空き時間買いませんか?」 副業のWEBサービスが人気 交流広げるツールにも (2/3ページ)

自分の空き時間を活用してサイドビジネスができるWEBサービスが増えている。対面はもちろん、スカイプなどのオンラインでも可能だ(写真はイメージ)
自分の空き時間を活用してサイドビジネスができるWEBサービスが増えている。対面はもちろん、スカイプなどのオンラインでも可能だ(写真はイメージ)【拡大】

 「販売する人にとってうれしいのは副収入だけではないんです。会社員の方ですと、ふだんは組織の一員ですから、個人として評価をされる機会は少ないのが現状です。でも、タイムチケットなら1対1の関係になれるので、個人として評価をしてくれます。そこがうれしいと言う方が多いです」(タイムチケットを運営する株式会社グローバルウェイの山本大策さん)

友人関係が広がるきっかけにも

 会議で伝えたいことが伝わらない。大勢の前に立つとどうしても緊張してしまう。そんな悩みを持つ人に、プレゼンテーションの秘訣を教えているのは、コンサルタントとして外資系企業に勤務する男性。相手の課題に合わせて、プレゼンの技術を伝授している。こちらは、1時間3000円。

 どれも他のセミナーなり講座を受講すれば習得できるものだが、タイムチケットの場合は、すべてが1対1。教える相手に合わせてカスタマイズできるので、課題の解決がより的確になる。

 「副業を始めるからといって、何か新しいスキルを身につける必要はないと思います。ふだんの仕事の延長線上で、自分にできることを売り出せばいいんです。スキルではなく、あくまで時間を売買するのが、このWEBサイトの特徴なんです」(山本さん)

 サイトには、「引越しを手伝います」「買い物に同行します」「街歩きのガイドをします」「ファッション相談に乗ります」「ヒマつぶしに付き合います」「何でも気軽に話しましょう」といった比較的スキルを問わないものも販売されている。こんなふうに空いた時間を使って、ちょっとした副収入を得ている人も少なくない。

 「このサイトを通じて新しいつながりができ、相手と話が弾んだり、友人になったりする人も多いんです。副収入という目的よりも、そういった交流ができることを皆さん喜んでくれています。最近は『今すぐ相談したい』という要望が多くなっています。プレゼンテーションなどは、職種によっては急に必要になることもある。今後はそういった声にも対応していきたいと考えています」(山本さん)

10秒単位で時間を売買するサービスも