ボルボが「日本カー・オブ・ザ・イヤー」初受賞 輸入車は4年ぶり2度目

日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボ・カーのSUV「XC60」=11日午後、東京都江東区
日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボ・カーのSUV「XC60」=11日午後、東京都江東区【拡大】

 自動車雑誌の編集者らで構成する実行委員会は11日、この1年間の最も優れた車に贈る賞「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、スウェーデンのボルボ・カーのスポーツタイプ多目的車(SUV)「XC60」を選んだ。ボルボ車の選出は初めてで、輸入車の受賞は4年ぶり2度目となる。

 XC60は洗練されたデザインや安全装備の充実が支持を集めた。ディーゼルエンジン車やプラグインハイブリッド車をそろえ、幅広い選択肢を用意したことも評価された。2位はドイツのBMWの「5シリーズ」、3位はトヨタ自動車のセダン「カムリ」が続いた。

 選考対象は昨年11月から今年10月までに日本国内で発表または発売された乗用車。日産自動車とSUBARU(スバル)は、無資格検査問題を受け選考を辞退した。

 軽自動車が対象のスモールモビリティ部門賞は、ホンダの「N-BOX」が受賞した。

【関連記事】師走の風物詩「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、誰がどうやって決めるの?