資産運用学べる異色RPGが反響 三菱UFJ信託が提供 第2弾は「仲間」と“リスク分散” (3/3ページ)

◆資産形成の大切さに気付くきっかけに

 もちろん、三菱UFJ信託としては、ネットユーザーにただ遊んでほしいだけで企画したわけではなく、このゲームをきっかけに投資と資産形成の意義を知ってほしいとの狙いを込めている。

 信託銀行の顧客はシニア層が多いなか、30~40代の男性をターゲットにしたのも、ファミコン世代でRPGにもなじみが深いことに目をつけたもので、新たな顧客層を囲い込みたい考えだ。

 また、金融界では 金融とITを融合した「フィンテック」が広がっている。店頭での従来の投資教育や販売促進では、顧客予備軍との接点に限界があり、大手金融機関もITやインターネットの活用に力を入れ始めている。どこもまだ試行錯誤している段階だが、三菱UFJ信託のユニークな試みはそうした新たな取り組みとして注目されそうだ。

 「信託クエスト~剣と魔法とお金の物語~」は、三菱UFJ信託の公式サイト内の「お金の、育て方」で遊べる。(SankeiBiz 柿内公輔)