取り込まれるしか方法はないのか… 米国トイザらス倒産とアマゾンの“深い関係” (1/6ページ)

 今年3月、米国の玩具販売大手トイザらスが米国内の全店舗(735店)の閉鎖を発表した。その原因について「アマゾン・エフェクト」という言葉がささやかれている。米トイザらスはかつてアマゾンで唯一の玩具販売業者だったが、アマゾンが独自販売を始めると対抗できず、倒産に追い込まれたからだ。日本で最初に「アマゾン・エフェクト」と対峙したセブン&アイHLDGSの鈴木康弘元CIOがニューヨークの最新事例をレポートする--。

 ※本稿は、鈴木康弘『アマゾンエフェクト!』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

※画像はイメージです(Getty Images)

※画像はイメージです(Getty Images)

 アマゾンの躍進は大きな「読み違い」だった

 いまから12年前、日本で最初に“アマゾン・エフェクト”を経験したのは、おそらくわたしではないかと思うのです。

 わたしはそれまで、ソフトバンクグループのヤフーの傘下で、書籍のネット販売を手がけるセブンアンドワイ(設立時の社名はイー・ショッピング・ブックス)という会社を経営していました。34歳のときに自分で起業した会社です。

 それが一転、2006年に日本の流通業でイオン・グループと双璧をなすセブン&アイ・ホールディングスのグループに入り、セブン-イレブン・ジャパンの子会社に転じる選択をします。目指すゴールとは「ネットとリアルの融合」でした。

 しかし、その近道を選んだはずの選択が大きな「読み違い」であったことを、その後の10年におよぶリアル流通業の苦闘の連続と、それとは対照的なネット世界でのアマゾンの躍進により、思い知らされたのです。

 すべての本が、表紙を正面に向けてある

 2017年秋、わたしはニューヨークの街に立っていました。

 出張の目的はニューヨークにあるアマゾンに関する3つの店舗を訪問することでした。

 1軒目は、アマゾンがチェーン展開を開始した書店販売のリアル店舗、アマゾン・ブックスでした。

アマゾンがチェーン展開を開始した書店販売のリアル店舗「アマゾン・ブックス」

アマゾンがチェーン展開を開始した書店販売のリアル店舗「アマゾン・ブックス」

 わたしが入ったのは、エンパイアステートビルの並びにあったニューヨークの2号店でした。そこには、既存の書店とはまったくちがう光景がありました。

 目をみはったのは、本の陳列の仕方です。すべての本が、表紙を正面に向け、棚のスペースをゆったりと使って陳列する「面陳(面陳列)」や「面展(面展示)」になっているのです。

「これは、ショールームに近いのかな」