サラリーがリッチな業界は…上場企業徹底調査 「ブラック」業種にも異変? (1/4ページ)

 2017年の上場企業の平均年間給与は6年連続で上昇した。だが、伸び率は2年連続で鈍化する一方、「ブラック」とされる業界や不祥事を起こした企業でも意外な結果がみられた。さて、あなたの会社は?(東京商工リサーチ特別レポート)

◆伸び率が鈍化したからくりは?

 調査は2017年決算(1月~12月)の全証券取引所の上場企業を対象に有価証券報告書で平均年間給与(以下、平均給与)を抽出した。対象は、2011年から2017年決算まで連続比較が可能な2681社(持株会社、変則決算企業は除く)。

 平均給与は599万1000円(中央値586万3000円)で、前年の595万3000円から3万8000円(0.6%)増えた。2011年に調査を開始以来、6年連続で前年を上回った。

 ただ、増加率は2年連続で前年を下回り、縮小している。これは2681社のうち、1622社(構成比60.4%)で従業員数が増えており、積極的な人材採用も平均給与の伸び率鈍化につながった一因とみられる。

 国税庁の「平成28年分民間給与実態統計調査結果」によると、2016年の民間企業の平均給与は421万6000円(正規486万9000円、非正規172万1000円)で、2017年の上場企業の平均給与と比べ、正規社員で1.2倍(112万2000円)、非正規では3.4倍(427万円)の格差があった。

◆金融トップはなんとあの“問題”地銀

 業種別の平均給与では、最高が建設業の695万3000円(中央値694万9000円)で、2年ぶりにトップに返り咲いた。

 一方、最下位は7年連続の小売業で475万円(同463万8000円)だった。建設業とは1.4倍の開きがあるが、4年連続で前年を上回った。小売業は建設業と並ぶ“雇用の受け皿”の側面を持ち、新卒や非正規社員数が多く全体給与が押し下げられやすいが、深刻な人手不足で待遇改善に動いていることがわかる。

貫禄の4連覇果たした企業は?