リンクスタッフ、バングラデシュで日本語研修 IT人材を仲介へ (1/2ページ)

リンクスタッフがバングラデシュの国立総合大学、ジャハンギナガル大で開催したセミナー。学生の日本企業への関心も高まっている
リンクスタッフがバングラデシュの国立総合大学、ジャハンギナガル大で開催したセミナー。学生の日本企業への関心も高まっている【拡大】

 人材派遣のリンクスタッフ(東京都港区)は来春にも、バングラデシュで、IT系学生を確保するため日本語研修と日本企業への紹介事業に乗り出すことを明らかにした。このほど、首都ダッカに現地法人を設立。順次4大学と日本語研修で提携し、8月以降、日本語研修に乗り出す。また、現地で研修を受けた人材を対象に来年3月から日本でも研修を開始し、日本語検定2級レベルの実力を付けた上で日本企業への就職を仲介する。デジタル社会を目指す日本で、人工知能(AI)などの開発に携わるIT技術者が不足する一方、IT立国を目指すバングラデシュに優秀な人材が多いことに着目した。

 同社は、バングラデシュの私立大であるダフテル大学、グリーン大学の両校と日本語学校設置の覚書を結んだ。校内のインターネット環境や施設などのインフラを活用し、リンクスタッフが大学に日本語教師を派遣する形で、8月をめどに日本語学校を順次スタート。日本語検定4級レベルの語学力習得を目標としている。

 既に現地法人の「リンススタッフ」をダッカ市内に設立、今月、現地政府から営業認可を取得した。近く国立総合大学、ジャハンギナガル大学とも日本語学校の覚書を結ぶ計画だ。

 一方、リンクスタッフは東京・池袋の日本語学校を傘下に治めた。バングラデシュで一定の日本語の力を付けた学生に来日してもらい、日本で日本語検定2級程度の語学力を習得した上で、就職を希望する学生や卒業生を日本企業に紹介する。

続きを読む