【高論卓説】大塚家具と星野リゾート、二代目の器 現場の声に耳を傾ける姿勢で明暗 (1/3ページ)

大塚家具の大塚久美子社長
大塚家具の大塚久美子社長【拡大】

  • 星野リゾートの星野佳路社長

 父娘対決から4年。大塚家具が今、大きな岐路に立たされている。8月14日に発表された大塚家具の2018年6月中間決算では、売り上げは前年同期比11.9%減の188億円、営業損益は35億円の赤字となった。

 通期でも51億円の営業赤字予測となっており、16年12月期の45億円、17年12月期の51億円の赤字と3年続けて営業赤字になる見通し。そのため監査法人からは「ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)」に関する注記が付された。

 「ゴーイングコンサーン」は03年3月期から上場企業に開示が義務付けられた制度で、監査人から「イエローカード」を突き付けられたということだ。こうした事態に陥った最大の原因は、大塚久美子社長の経営手腕のなさだったといってもいいだろう。

 久美子氏は創業40周年に当たる09年に社長に就任した。当時大塚家具はリーマン・ショックなどのあおりを受けて売り上げが90億円近く減少し営業赤字に転落、これをコスト削減などの財務戦略で切り抜けた。だが、長期化するデフレやライフスタイルの大きな変化の中で、ビジネスモデルの抜本的な見直しが求められていた。

続きを読む