「楽天が参入するあたりには」 菅官房長官が携帯料金値下げ時期の見通し示す

インタビューに応じる菅義偉官房長官=21日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
インタビューに応じる菅義偉官房長官=21日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)【拡大】

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は21日、産経新聞のインタビューに応じ、「4割値下げの余地がある」と主張する携帯電話の料金について、大幅な値下げが実現する時期は「(インターネット通販大手の)楽天が参入するあたりには変わっているのではないか」と述べ、来年10月ごろとの見通しを示した。

 菅氏は「今よりもっと安い方がいい。競争が働けば必然的に下がる」と強調。携帯電話市場が大手3社による寡占状態であるのを踏まえ「競争を促進する環境をつくるのが政府の役目だ」とも語った。

 菅氏は、安倍晋三首相と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談に関し「首相が『今までの殻を打ち破って仕事をする』としている。最後は決めたいという強い思いだ」と述べ、日本人拉致問題の解決に全力をあげる考えを重ねて示した。

■総務省、「もうけすぎ」で携帯大手聴取 来月の有識者研究会で一定の対応を促す構え を読む

■高い利益率、複雑な料金プラン…携帯大手、問われるあり方 を読む

■携帯料金、欧米では格安普及 3年で7割値下げのケースも を読む