またまた大変身…ホンダの新型「インサイト」が縮小市場のセダンに生まれ変わった理由 (1/3ページ)

 ホンダのハイブリッド車(HV)「インサイト」が4年ぶりに日本市場に復活した。12月14日に発売された3代目は先代よりボディの大きさや価格など車格が大幅に上がり、ハッチバックから上質なミドルサイズのセダンへと変貌を遂げた。あえて今、縮小傾向にあるセダンに生まれ変わった理由やセールスポイントは何なのか-。(文・写真 大竹信生/SankeiBiz)

 先代180万円台⇒新型は320万円超の上級モデルに

 インサイトは「時代とHVの本格的な普及を洞察(=INSIGHT)するクルマ」という意味を込めて名付けられた、ホンダのHV専用車だ。

ホンダの新型「インサイト」

ホンダの新型「インサイト」

 初代モデルは1999年当時の世界最高燃費を達成した2人乗りコンパクトクーペとして登場した。2009年に発表された2代目は5人乗りのハッチバックに変身。189万円からという低価格を実現し、初年度に10万台を販売したが、やがてトヨタ・プリウスとの販売競争に敗れる形で低迷し、2014年に生産を終了した。それから4年。復活を遂げた3代目インサイトは、走りやデザイン、使い勝手において「HVだから、エコカーだから…」といった制約や概念を一切取っ払い、クルマが持つ「本質的な価値や魅力を追求する」ことを主眼に開発がスタート。全長4675ミリ×全幅1820ミリ×全高1410ミリ、販売価格326万円台~362万円台のミドルセダンへと大きく姿を変えた。

 なぜセダンなのか?

 3世代続けてこれほど大胆に骨格を変えるクルマも珍しいが、なぜ今、あえてセダンなのか。ホンダの寺谷公良執行役員は、「初代から『インサイト』という言葉の意味を引き継ぎつつ、時代の変化に応じて形を変えながら進化してきたクルマ」とインサイトの役割を明確にしたうえで、3代目は「燃費・走り・デザインの3要素をトータルで追求したときに、結果的にクルマの基本形であるセダンにたどり着いた」と説明。「セダン市場は縮小しているが、世の中にHVが定着してお客様の選択肢も多様化している今だからこそ、走りやデザインといったクルマの本質的な部分をHVで追求した。カテゴリー上はセダンだが、いわゆる一般的なセダンでもエコカーでもない、ホンダらしいラグジュアリー・スポーツができた」とアピールした。

対プリウスの意識はない