幹部、若手がブランド議論 「マツダ塾」で人材育成へ (1/2ページ)

 マツダが社員同士の対話を軸にした独自の人材育成方法「マツダ塾」に力を入れている。幹部から若手まで集まり、ブランド価値などの大きなテーマを1年間かけて議論する。技術革新により自動車業界が激変する中、独自性や存在意義を重視し、事業戦略にも生かす狙いだ。

議論するマツダ社員=2018年9月、広島県府中町

議論するマツダ社員=2018年9月、広島県府中町

 昨年秋、広島県府中町にあるマツダ本社の一室。集まった若手社員の中で1人が「2040年の人の欲求とは何だろう」と切り出すと議論が始まった。

 「本質的な欲求はそもそも変わるのだろうか」「ものへの愛着や共感は薄れるのかな」。人工知能(AI)の進化にも話題が広がり、議論は1時間近く続いた。見守っていた米国生産準備室の越智和彦さんは「車は他のものにはない感情を与えてくれるのか」と問題提起し、次回の議題にすることを提案した。

 マツダ塾は16年から始まった。10人程度の塾が複数あり、執行役員や本部長級が塾長、30代半ばから40歳未満の選抜された社員が塾生となる。活動期間は1年間。その間に、塾生はさらに若い世代と「子塾」をつくり対話を重ねる。

 昨年末までにマツダ塾と子塾に計約400人の社員が参加した。越智さんは塾生として活動し子塾の仕切り役も務め「若手と自分に気づきを与えられるよう心掛けた」と語る。

続きを読む