【乗るログ】BMWのオープンモデル「M4カブリオレ」が提案する“究極の贅沢” (3/4ページ)

  • BMWが日本市場に初めて導入したオープントップモデル「M4カブリオレ」
  • ルーフを閉じたM4カブリオレ
  • ハードトップが3枚の板状に分割され…(次の写真へ)
  • 見事に重なり合うとトランクルームの中へ…
  • ハードトップがトランクルームの中に格納されたカブリオレの状態
  • BMW伝統の直6エンジン。M社によりチューニングされている
  • M4カブリオレの運転席
  • M4カブリオレのセンターコンソール
  • BMWが日本市場に初めて導入したオープントップモデル「M4カブリオレ」
  • BMWが日本市場に初めて導入したオープントップモデル「M4カブリオレ」
  • 赤と青の「M」カラーを施したシートベルトとヘッドレストのエンブレム。ネック部分にはエアコンの吹き出し口がある
  • 足元のスペースもしっかりと確保されたリヤシート
  • トランクルームに格納されたハードトップ
  • 精悍な顔つき。デイライトを点灯させるとこれまたカッコいい
  • ルーフを閉じたM4カブリオレ。このとき箱根ではパラパラと雪が降ってきた
  • オープンにしたM4カブリオレ
  • 視線を惹きつけるM4カブリオレのリヤビュー
  • 色鮮やかなLEDライト
  • ブラックに塗られたダブルバーのキドニーグリルと「M」のエンブレム
  • エアロパーツが描くラインとシルエット、レッドメタリックのマットカラーが美しい
  • 20インチの軽量アロイホイールとカーボン・セラミック・ブレーキ。ゴールドのキャリパーには「M」のロゴが見える
  • 330キロまで刻まれたスピードメーター
  • ステアリングに施した「M」のエンブレムとステッチ
  • 7速DCTの操作レバー
  • ステアリング横のエンジンボタン
  • 4本出しマフラー
  • BMWらしくシンプルで洗練されたインテリア
  • 夜間のメーター類
  • 横幅の長さを生かしたワイドな地図表示
  • 箱根のわかさぎカレー(1000円)


 箱根の屈曲路では上り坂を勢いよく駆け上がり、後輪駆動ならではのスムーズなハンドリングを発揮。コーナー進入時にいったんハンドルを切れば、修正舵を必要とせずキレイに旋回する。鋭いカーブでも路面にピタリと吸い付き、速度を維持したまま難なくターン。ローラーコースターのようなハラハラとした興奮が味わえるのだ。減速時に「キーっ」と鳴く足回りは、強靭な制動力を発揮するカーボン・セラミック・ブレーキの特性によるものだそうだ(そういえばこれまで乗ってきたハイパフォーマンスカーでよくブレーキ鳴きが発生したのは、これが理由だったのか…)。サスペンションやハンドルも「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ・プラス」など好みの硬さや重さを選択できる。ドライブモードも含め、状況に合わせて自分好みのセッティングでクルマを仕上げる愉しさがあるのだ。高回転型のスポーツ・プラスで駆け抜けるワインディング走行は、やみつきになる時間だった。ドイツ車らしいカチッとした車体剛性、路面をガッチリとつかむ秀逸なダンパー、パワーを余すことなく伝達するスムーズな7速DCTなど、M4カブリオレを形成する一つひとつのパーツやメカニズムから期待値をはるかに超えるクオリティの高さを見せつけられた。普段はもっと穏やかなクルマを中心に試乗する筆者からすれば、そのパッケージ性能の高さに「やっぱりスゴイわ!」と思わず何度も唸ってしまった。

 オープン走行は快適か

 芦ノ湖で「わかさぎカレー」を食し、再び乗り込む。帰りは寄り道をしながら、カブリオレの最大の魅力であるオープン走行を敢行した。

 真冬のオープン走行は寒いのか? 無謀なのだろうか?

 私の答えは「M4カブリオレならかなり快適」である。この日の気温は0度に近かったので、まったく寒くないといえば嘘になる。風の巻き込みも少しはある。だがエアコンでしっかりと暖を取り、ドアの窓を閉めて横風の進入を抑える限り、気持ちのいいオープン走行が味わえる。

M4カブリオレが訴求する価値とは…