【乗るログ】BMWのオープンモデル「M4カブリオレ」が提案する“究極の贅沢” (4/4ページ)

  • BMWが日本市場に初めて導入したオープントップモデル「M4カブリオレ」
  • ルーフを閉じたM4カブリオレ
  • ハードトップが3枚の板状に分割され…(次の写真へ)
  • 見事に重なり合うとトランクルームの中へ…
  • ハードトップがトランクルームの中に格納されたカブリオレの状態
  • BMW伝統の直6エンジン。M社によりチューニングされている
  • M4カブリオレの運転席
  • M4カブリオレのセンターコンソール
  • BMWが日本市場に初めて導入したオープントップモデル「M4カブリオレ」
  • BMWが日本市場に初めて導入したオープントップモデル「M4カブリオレ」
  • 赤と青の「M」カラーを施したシートベルトとヘッドレストのエンブレム。ネック部分にはエアコンの吹き出し口がある
  • 足元のスペースもしっかりと確保されたリヤシート
  • トランクルームに格納されたハードトップ
  • 精悍な顔つき。デイライトを点灯させるとこれまたカッコいい
  • ルーフを閉じたM4カブリオレ。このとき箱根ではパラパラと雪が降ってきた
  • オープンにしたM4カブリオレ
  • 視線を惹きつけるM4カブリオレのリヤビュー
  • 色鮮やかなLEDライト
  • ブラックに塗られたダブルバーのキドニーグリルと「M」のエンブレム
  • エアロパーツが描くラインとシルエット、レッドメタリックのマットカラーが美しい
  • 20インチの軽量アロイホイールとカーボン・セラミック・ブレーキ。ゴールドのキャリパーには「M」のロゴが見える
  • 330キロまで刻まれたスピードメーター
  • ステアリングに施した「M」のエンブレムとステッチ
  • 7速DCTの操作レバー
  • ステアリング横のエンジンボタン
  • 4本出しマフラー
  • BMWらしくシンプルで洗練されたインテリア
  • 夜間のメーター類
  • 横幅の長さを生かしたワイドな地図表示
  • 箱根のわかさぎカレー(1000円)


 これまで当コラムで試してきたようにオープン走行の快適度は車種ごとに異なるが、M4カブリオレは時速90キロ前後で走っても風の巻き込みが想像以上に少なく、髪型が乱れるようなこともなかった。足元の暖房を30度の最大風量で吹かせたところ、冷気に触れやすい顔を除けば「ちょっと暑いかも…」とむしろ途中から風量を落としたほどだ。ちなみに私はダウンジャケットを脱いで、フリース一枚だけで気持ちよく走行できた。

 キャビンの快適性を確保したら、あとはカブリオレならではの圧倒的な開放感や、聴覚を刺激する直6エンジンの咆哮をオープンエアでダイレクトに堪能するだけだ。唸るような「Mサウンド」に気持ちが高ぶる。注目されるのが窮屈でなければ、周囲の視線を楽しむといった乗り方もできる。とくに今から春にかけてカブリオレを満喫できる季節だろう。

 一台二役

 レース技術を投入した走行パフォーマンスだけでなく、市販モデルとして誰にでも扱いやすい実用性もしっかりと備えている。この手のクルマには珍しく、後席も何かを犠牲にすることなく座れる。決しておまけのシートではないのだ。ルーフを格納した状態でも、トランクには買い物袋をいくつか積み込めるくらいのスペースは確保されている。

 「愛車には圧倒的なスポーツ性能が欲しいけど、気が向けば天気のいい日にオープンエアも楽しみたい」。もしくは「カブリオレが欲しいけど、サーキット走行だって楽しみたい」。それも「できればBMWで」-。M4カブリオレはそんなユーザーに対して、激しいスポーツ走行と穏やかなオープン走行の“両極端”なシーンを一台で堪能できる「究極に贅沢なライフスタイル」を提案しているように受け取った。

《ヒトコト言わせて!》

 BMWグループ広報部・後藤千文さん「BMW M4カブリオレは、BMWのレーシング・テクノロジー開発を担うBMW M社が開発した、直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンなど、モータースポーツの遺伝子が息づくテクノロジーの数々を搭載し、ドライバーが自由に想い描く軌跡を着実に実現させるハンドリングや、ダイナミックかつ思わず胸を熱くさせる走りを実現する高性能モデルです。シルエットは、その滑らかで自由な走りを彷彿とさせる伸びやかなシルエットですが、ルーフを開けることで、さらに解放感を感じることが出来ます。過酷なレース経験から生まれた走りと、ルーフを解き放つ解放感を同時に味わうのは、真の贅沢といえる経験になると確信しています」

 【乗るログ】(※旧「試乗インプレ」)は、編集部のクルマ好き記者たちが国内外の注目車種を試乗する連載コラムです。更新は原則隔週土曜日。▼アーカイブはこちらから

主なスペック BMW M4カブリオレ コンペティション(試乗車)

全長×全幅×全高:4685×1870×1390ミリ

ホイールベース:2810ミリ

車両重量:1880キロ

エンジン:直列6気筒DOHC

総排気量:3.0リットル

最高出力:331kW(450ps)/7000rpm

最大トルク:550Nm(56.1kgm)/2350-5500rpm

トランスミッション:7速M DCTドライブロジック

駆動方式:後輪駆動(FR)

タイヤサイズ:(前)265/30ZR20、(後)285/30ZR20

定員:4名

燃料消費率(JC08モード):10.8キロ/リットル

ステアリング:右

車両本体価格:1383万円