クルマ三昧

車の性能を左右する存在…タイヤを「ただの丸いゴム」と侮るなかれ (3/3ページ)

木下隆之

 クルマの出来不出来を左右

 一見すると、タイヤはただの丸いゴムの塊に過ぎない。ただ、銘柄とサイズが同じでも、新車設定タイヤは中身が異なる。

 ちなみに、摩耗が進んだからといって安易にタイヤ交換しても、開発陣が狙った性能やフィーリングは得られない。もし新車の状態がお気に入りなのならば、銘柄とサイズだけではなく、モデルを指定した上で専用タイヤを支給してもらうことを勧める。微妙な塩コショウが違うからである。いや、新車のセッティングに不満があるというのならば、別タイヤを探してみるのも得策だろう。

 タイヤはクルマを構成する夥しい数のパーツの一つでしかないのかも知れないけれど、クルマの出来不出来を左右するほど重要な存在なのだ。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【クルマ三昧】はレーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、最新のクルマ情報からモータースポーツまでクルマと社会を幅広く考察し、紹介する連載コラムです。更新は原則隔週金曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【試乗スケッチ】こちらからどうぞ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus